女性の薄毛

スポンサーリンク

ダイエットと抜毛の関係

女性がダイエットを行うんだったら、気をつけておかないといけないことがあります。
それは、抜け毛です。

 

ダイエットと抜け毛は関係ないんじゃないのかな?なんていう風に思う人は
多いと思いますけど、実はかなり関係があるんです。

 

極端に無理をしているようなダイエットをしてしまうと、
抜け毛の原因を作ってしまうことにもなってしまいます。

 

だから、無理なダイエットを行わないようにしないと、
女性でも、ダイエットを行うことによって、抜け毛が出てきてしまいます。
そして、結果的に薄毛になってしまうんです。

 

もし、今ダイエットをしているという人で、抜け毛がしている気がするという人は、
一度そのダイエット方法を見直してみる必要があるかもしれません。

 

ダイエット方法によって、その結果は違ってくるものなんですが、
万が一、抜け毛が出ていると言う人がいるのならば、
それは間違ったダイエット方法をしているというサインかもしれません。

 

ネットで調べてみれば、すぐにそのダイエット方法によって抜け毛が起きることがあるのかどうか、と言うことが分かるものなので、一度行動に移してみることが大事だと思います。
調べてみないことには、何も分かりませんよね。
ちょっとでも不安に思うことが出てきたら、すぐに調べてみましょう。

 

女性にとって髪と言うのは、命のようなものです。
だからこそ、間違ったダイエットをして、抜け毛に悩むことがないように、
気をつけておきましょう。

 

 

 

 


女性にとって薄毛は永遠の悩み。

 

いくつになってもキレイでいたいというのは、女性にとって永遠のテーマみたいなものかもしれませんね?

 

しかし、最近では「ストレス社会」といわれるように世の中ストレスであふれています。

 

特に家事と仕事を両立している女性にとってはストレスフルな生活かもしれません。

 

女性の薄毛の原因のほとんどはストレスによるホルモンバランスの乱れからくるそうです。

 

女性は男性と違い、30代に入ると女性ホルモンの分泌が減少しはじめ、
40代のころには急にガクッと大きく減少することが判明しています。

 

ちょうど女性が薄毛が気になるのも40代からが一番多いのだとか。

 

実際、女性は高齢になればなるほど髪の毛の量はあまり変わりませんが、
髪の毛自体が細くなって頭皮が透けて見えたり。

 

全体的に髪の毛のボリュームが減ってしまうことで薄毛に見える原因だといわれています。

 

ほとんどの女性の場合、薄毛の原因は何らかの要因でホルモンのバランスが崩れたことが原因だと考えられています。

 

ならば、女性の薄毛をどのように解消するか。

 

それはひとえにストレスのない生活を送るようにするのが一番です。

 

女性の近年の女性の薄毛に関する研究で「女性のホルモンバランスが乱れる原因はストレスが起因している」という結果が出ています。

 

食生活を気をつけるのはもちろん、なるべくストレスを解消して、日々のストレスを軽減させるようにすることが一番の薄毛予防に繋がるそうです。

ミノキシジルは元々、高血圧の治療に用いていましたが
副作用として使用者の体毛が濃くなったり、薄毛がフサフサになったり
と、別の効果がわかり、薄毛の治療にも使われることになったのです。

 

薄毛の治療は、確実な治療法は未だにありませんので
治療は、手探りでいろいろな方法を試してみるしかないのです。

 

 

ミノキシジルは厚生労働省に認められた育毛剤の成分ですので
ある程度の効果はあると判断されます。

 

ですから利用してみるのはいいでしょう、試して自分に合えば取り入れてしばらく続けていましょう。

 

 

ミノキシジルは厚生労働省に認められた育毛剤といっても
当然、副作用があります。

 

その副作用に
血圧が下がったり、肌荒れなどの症状が出ているようですので
自分の判断で使用してください。

 

でも薬には副作用はつきものですから
怖がってばかりいては薄毛から何ら改善は望めません。

 

でも万全を期したい方には
ミノキシジルを使用しない育毛剤もでていますので
調べてみてくださいね。

 

最近では通販でも購入できますので、海外の商品も安く購入できますが
あまりに商品もたくさんあります。
素人の私たちは、粗悪な商品か効果のある商品なのか
なかなかわかりません。

 

できれば処方も専門医を主治医にして、お医者様の指導下
で治療したほうが安心です。

 

 

専門医と呼ばれる人たちは現状維持ではなく、
発毛や育毛の治療を行っています。
ここが皮膚科の病院との違いでしょう。

 

専門医は治療費が高いと言われていますが、
薄毛を改善できるなら多少の支出は仕方ないかもしれませんね。

 

社会人になり、いざ夢や希望に満ちているとき、ふと他人より自分の髪の毛が少ないと感じた時に、誰だって喜ぶ人はいないと思います。
焦りを感じ何とかしなくては、と思うはずです。

 

しかし、今は髪の毛についてテレビCMもよく流れていますが、どこの業者さんに助けを求めたらいいのかわからない、その前に自分の髪質がどのような状態で、なぜ少なくなったのかわかりません。

 

男性型脱毛症と言う言葉はあまり聞き慣れていませんが、文字通り意味はわかりやすいです。

 

以前は髪の毛が少ない、育毛剤とのイメージが、私の中では強かったです。
けど最近は、専門のクリニックや病院があるのには驚きました。
そこで診てもらい、自分に合った治療をして下さるのはとても心強く嬉しい限りです。植毛は知っていましたが、薬もあるそうで頭皮はもちろん、体内からも調整していくようです。

 

実際自分がその立場になれば大変さや辛さを実感しますが、そうでないとわかりません。
悩んでいる方は、会う人会う人の目線が気になります。一瞬でも自分の頭に視線を感じたら、やっぱり頭が薄いからと、そう捉えてしまいがちになります。例えそうでなくても、誤解が誤解を生むのは大変悲しい事です。

 

もし今自分の髪の毛がフサフサで、遺伝的に大丈夫と自信がある人でも、絶対はないと思います。なので、もし自分がなったらと相手の立場になって、言葉や行動に優しさや思いやりがあれば、悩んでいる方は心をも救われると思います。
たかが髪の毛、と思わずにしていきたいと思います。

続きを読む≫ 2013/08/18 16:51:18 薄毛体験

私は毎日朝起きた時の、枕についた抜毛がとてつもなく気になっています。

 

それは私が薄毛だからです。

 

きっと髪がふさふさで、AGAになんて悩んでいなかったら違うと思いますが、残念なことに私はAGA。

 

なので、毎朝枕を見る度にまた大切な髪の毛が減ってしまったのかと、悲しい気持ちになります。

 

そしてどこの部分の髪の毛が抜けたのかが、とてつもなく気になるのです。

 

アニメのサザエさんでは、毎朝波平がドライヤーで頭頂部に1本残った髪の毛を大切にセットするシーンがよくあります。

 

幼い頃はそのシーンを見て、兄弟で笑っていたものですが、自分がAGAになってみてからたまにそのシーンを見かけると、「波平さん貴方の気持ちには共感です。たった1本でも大切な髪の毛です。ぜひとも守り抜きましょう。」と語りかけたくなります。

 

そして私も毎朝鏡の前に立ちセットする時には、髪の毛を守るべく慎重にし、「波平さん私も守っていますよ。」とつぶやいてしまいます。

 

私は額の方から薄毛になっているのですが、なかなか上手く薄毛を隠せなかったり、思うようにセットできない時にはやはりイライラします。

 

そんな時には深呼吸をして、波平さんを思い出します。

 

幼い頃に笑っていた波平さんのそのシーンが、今は私の心の拠り所になっているのかも知れません。

 

国民的アニメのサザエさん、作者にはそんなつもりはないのかもしれませんが、波平さんのように悩んでいる人は多いので、AGAの人は少なからず共感してしまう部分はありそうです。

続きを読む≫ 2013/06/09 09:47:09 薄毛体験

 

髪はいつくらいから薄くなってくるのかご存知ですか。
実は髪の密度のピークは、20代前半なのだそうです。そしてその後次第に減っていきます。

 

でも髪が少なくなっても見た目はわからない人っていませんか。
そうなのです。薄毛を感じるもう一つの状態は、髪一本一本の細さです。
いわゆる猫っ毛と言われる髪質の人は、実はそれほど薄毛ではないのですが、髪にボリュームが付きにくいため、薄毛と思われる人が多いようです。

 

さてこの太さのほうは、少し余裕があって、30代半ばがピークだそうです。
そして、その後は、密度も太さも共に衰えていきます。

 

次第に衰えていたものが急にことんと落ちたかのように感じるのは、40歳前後だと言われています。
早い人はこのあたり、老眼がでてきたり、体が疲れやすくなったりしますから、
髪に限らず 体全体的に衰えの角度が急になるのかもしれませんね。

 

抜け毛の場合は、女性特有の出産や更年期といった性ホルモンのバランスの崩れも影響を大きく与えるのだそうです。

 

とはいえ、現代においては、それ以上の原因がありそうです。それは、ストレスです。
家庭内のストレスに限らず、仕事やその他の人間関係のことなど、私たちの周りには、あらゆる類のストレスがあり、日常的に闘っていると言っても過言ではありません。

 

そのストレスが原因となれば、髪の悩みを抱える方が増えていくのは当然のことですね。

 

こうなってくると、できるだけストレスを減らし、バランスの良い生活を送ることで抜け毛や薄毛の悩みは少し緩和されてくるかもと思いませんか。

 

 

円形脱毛症、皆さん一度は聞いたことがあると思います。
多くは精神的ストレスやショックから起こるものです。

 

私は思春期を境に症状が出るようになりました。

 

あれは高校一年生の期末テストを向かえ勉強に励んでいた時です。
その時の髪型は髪の毛がちょうど肩にかかるか、
かからないかくらいの長さだったと思います。

 

お風呂に入って髪の毛を洗っていたところ、手に髪の毛が絡みつき
そのままごそっと抜けたんです。

 

しかも一部分だけ…
髪の毛を乾かした後すぐに母のところまで行き
「お風呂で髪の毛が抜けたんだけど」と言い頭を見せました。

 

すると母は「何もなってないよ」と言いながら
探るように細かく頭の部位を触りはじめ一言
「あ、ここだけ髪の毛なくなってる。」
「あんたどうしたの?これ円形脱毛症じゃない。」と…

 

 

外見上は目立たないためテストが終わったのち病院へ、
ストレスからくる円形脱毛症のため特効薬は無いと言われました。

 

今だったら専門の病院や薬があるのかもしれませんが…
それからというものただ抜ける範囲が大きくならないことを願い過ごしました。

 

一定の期間、ストレスから離れるとまた生えてくるので、
私の場合はテストが終わると生え、テストが近づくと再発のくり返し。

 

社会人になった今でも、実は円形脱毛症になることがあります。

 

ストレスへの免疫ができたのか回数は減りましたが、
ノルマが課せられ締め切り間近になると学生時代と同じ部分が
丸くはげてしまいます。

 

髪の毛はストレスでも抜けるので性別関係なく
ストレス解消法を持っていることが解決につながることがあるそうです。

ピルを服用している人は抜け毛が増える人もいるそうです。

 

全員が全員抜けてしまうというわけではないのですが、
悩んでいる人が結構いるみたいですね。

 

髪の毛だけではなく、全身の毛が抜けていくので脱毛のように感じる人もいるそうです。

 

ピルを服用すると、ホルモンバランスが乱れやすくなるので抜け毛が増えます。

 

ホルモンバランスが乱れると血行の流れが悪くなるので、
もちろん頭皮の血流も悪くなるというわけです。

 

本来ピルは妊娠しないために服用するものなのですが、
特に理由がなければ個人的には服用しないのが一番かなと思います。

 

抜け毛はいわゆるピルの副作用ということになりますが、
ピルを途中で止めたとしても抜け毛がおさまるのかは人によるそうです。

 

ピルを服用している状態から普通の状態に戻しても、
またホルモンバランスがおかしくなるんだとか。

 

ピルを脱毛代わりとして飲む人もいるらしいのですがおすすめできません。

 

あくまでも避妊アイテムの最終手段として取り扱ってほしいなと思います。

 

また、ストレスを溜め込みやすい人もホルモンバランスが崩れやすくなるそうですよ。

 

女性は男性よりもホルモンバランスが崩れやすいため、
冷え性や気分の波が激しくなるそうなんです。

 

ホルモンバランスを安定させるためにも、
暴飲暴食は控えたりお酒は飲み過ぎないように注意しましょう。

 

薄毛は生活習慣の影響が非常に大きいので、
少し生活を変えるだけで薄毛を抑えることができますよ。

40代になると抜け毛が増えるようになったと感じる方が多いようです。

 

男性の場合だと、わりかし早く抜け毛が多くなる人が多いですが、
女性の場合は少し遅めですね。

 

大体30代手前になると女性のホルモンが減少していくといわけています。

 

女性ホルモンは髪の毛の成長を促す成分も含まれているので、
それが減少していくとなると、抜け毛はある意味防ぐことができないということですね。

 

ではどうすればいいのかというと、
女性ホルモンは食事や生活スタイルを変えることで減少を抑えることができます。

 

まずは自分の一日の過ごし方を見直すことが大切ですね。

 

ホルモンバランスは生活習慣を変えるだけで大分マシになるようです。

 

食事は野菜を中心に、早寝早起きを心がけるようにしましょう。

 

運動をほとんどしない人は、
散歩でいいので時間があるときに歩くようにすると体も活性化されるのでおすすめです。

 

特に散歩やウォーキングは欝予防にもなるといわれているので、
抜け毛の原因であるストレスを回避することができます。

 

歩くことによってストレスがどんどん減っていくようですよ。

 

また、髪を染めたりとパーマをかけている人は控えたほうがよいでしょう。

 

髪にダメージを与えていることになるので、
それが抜け毛の原因になることもあるようです。

 

抜け毛が多いことがストレスに感じる人も多いと思いますが、
それでは逆効果になってしまうので、
ストレスを溜め込まないようにすることも大切だと思います。

抜け毛や薄毛に悩む場合には、シャンプーが問題になってくる事があります。

 

現在市販されているシャンプーは高級アルコール系のもが多いのですが、
洗浄力が強くて安く出来るのが特徴的です。

 

しかしながら薄毛に悩む人は洗浄力が強すぎるシャンプーを使っている為に、
皮脂を取り除き過ぎるてしまいますが、
皮脂は頭皮のバリア機能も果たしていますので、
細菌が頭皮に付着して皮脂やスタイリング剤、
あるいはシャンプー剤の残っているものを栄養として繁殖し炎症を起こしてしまいます。

 

 

また皮脂がないと思った体は、皮脂を過剰に分泌させてしまいますから、
頭皮の環境が良くない為に抜け毛になってしまいますので、
皮脂の取り過ぎも良くありません。

 

そのような事を解決するには、
洗浄力の弱いシャンプーなどに切り替えていく必要がありますが、
その種類の中に石鹸シャンプーがあります。

 

石鹸シャンプーは、身体を洗う時に使う石鹸と基本的には同じです。

 

洗浄力も高いのですが、安全性が高いので、使われている人も多くいます。

 

ただし、シャンプー後に専用のトリートメントやリンスを使わない
と髪の毛が軋む状態にしてしまう事がありますので、
なるべくトリートメントやリンスをするようにしましょう。

 

また髪の毛にあっていればシャンプーに使うのは専用品でなくても、
自宅にあるボディー用の石鹸でもかまいません。

 

湯洗いをして、シャンプーをして、お湯で流しああとにさらにシャンプーをしてから、
お湯で洗い落として行きます。

 

さらにパサ付き防止の為に専用のリンスなどを利用されると良いでしょう。

30代の女性の薄毛の原因はいくつかあります。

 

まず、最も多いのがストレスです。

 

30代というと、お子さんがいる方も多い年代であり、
子育てをしながらの家事や仕事など、ストレスと考えられる要因はたくさんあります。

 

特に姑と関係が上手くいっていない人は
ストレスがフルに溜まっているはずなので他の方よりも老けやすくなります。

 

日本人は特にストレスを感じやすい人種だといわれているので、
ストレスが溜まりやすい人は定期的にストレスを発散することが大切です。

 

ストレス発散方法は何でも良いのですが、
できれば体を動かすスポーツなどがおすすめです。

 

特に誰でも始められるウォーキングは
うつ病対策にもなるといわれているのでおすすめですよ。

 

また、薄毛は食生活や生活スタイルの乱れも影響しています。

 

脂っこいものは控えてバランスの良い食事を目指しましょう。

 

お酒を飲む人やタバコを吸う人は、少しずつで良いので量を減らしていきましょう。

 

特にタバコは髪に直接影響するともいわれています。

 

最後に、シャンプーをするときは髪を洗うのではなく地肌を洗うようにしましょう。

 

優しく念入りに洗ったらキレイに洗い流してください。

 

洗い流しが残っているのも抜け毛の原因ともいわれていますよ。

 

最初のうちは2回にわけて洗うのがベストかと思います。

 

毛根が詰まっていると泡は立ちにくいので、
泡がたくさん立つようになればキレイに洗えている証拠です。

 

自分のできることから始めてみましょう